旨い魚が海から食卓へ

   

海の魚は大体みんな大好きなもので、スーパーの鮮魚コーナーはいつも大盛況なのですが、好物は人それぞれです。特にこれから鍋の季節になります。鍋は秋冬のスターでもあり、しらこは釣り人にも人気があり、釣れたしらこを市場に卸して、その新鮮さが売りになっている商品もあります。とかく穫れ立てなのが魅力です。鍋でなくとも魚類の中でも割と珍味の部類に入るしらこは市場でも人気があります。しらこの人気はなかなかのものでこのない鱈は値段も安くてなってしまうほどです。生食にも適した、鮮度が高いものがあります。業務用のしらこを卸売で探すにはそれなりの勘と経験が必要になりますが、無理な仕事というわけでもありません。例えば「業務用魚卵の仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ」が良いでしょう。しらこは真鱈のもの、トラフグのものが人気があるようです。業務用でも生食を売りにしているしらこはそれなりのお値段なのですが、消費者の口に入る時に決して無理な値段というわけではありません。

遠隔地のしらこが市場に出回る場合もあります。例えばトラフグで、トラフグは山陰地方が宝庫なので、鮮度を保つためには、海から獲れたしらこを新しいうちに真空パックにしてしまいます。さらにそれをマイナス数十度で保管してしまうので、そのまま美味しさが保たれるわけです。鱈、ふぐの他にも鯛のしらこも絶品です。調理法は様々で、釣り人たちが鍋で食す場合もあるでしょうし、飲食店では焼きしらこの天ぷらがなかなかの人気メニューです。しらこはどの魚のものでもクリーミィに口の中に入り、舌の上でとろけるのが魅力です。

しらこは魚の中でもスターです。しらこがあると思って買った魚にしらこがなかったならば、がっかりとするでしょう。市場の仲買人は嘘をつかず、その辺りはもちろん親切に教えてくれるわけですが、しらこは魚本体よりも高値で取引きされているのだということを覚えておいて損ではないでしょう。しらこが出回る時期も限られています。1月から2月にしか手に入らない限定品で、魚本体に比べてこの重さも数パーセントしかない希少部位なのです。しらこは寒い季節、寒い土地で旨味の増す食べ物です。ツヤがあって光っていて、うっすらとしたピンク色、また、真っ白なしらこは新鮮で食欲をそそるものです。身が引き締まっていて、弾力や張りの感じられるものはいいしらこと言われています。味噌汁、ポン酢和え、茶碗蒸し、甘辛煮、寿司ネタにも絶品です。寒い季節、寒い地方で新鮮な匂いがしていて、それなりの値段に見合った価値のあるしらこがいいしらこです。