ウグイなどの魚介を通販で仕入れる

   

現在、パソコンやスマホによって、産地や市場の鮮魚を注文できる通販サービスが始まっています。個人の魚屋や和食店などで喜ばれており、近くに魚市場がなくても、ウグイやあわびなど必要な魚介類を簡単に入手できるようになっています。特に少人数経営の店にとっては、Webで一括仕入れできるので、仕込みの時間を大幅に削減できるわけです。「業務用あわびの仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ」などの通販サービスでは、注文の翌日配送が可能なので、深夜営業の居酒屋などの閉店後でも対応できます。何よりも、パソコンやスマホで発注できるので、従来のように発注のFAX送信のためだけに出勤する必要もなくなります。そして、複数市場の商品標本を一覧できるので、欲しい魚介をリアルタイムで仕入れられるメリットがあります。加えて、通販サービスでは、産地を始め、築地市場や大田市場の商品も扱っているので、大量一括注文も可能になっています。

Web通販サービスのメリットの一つが、レアな種類も見つかることで、市場に出回らない魚を多く仕入れることが可能です。それ故、産地直送を売りにしているお店では、差別化が図れるようになります。Web通販では、毎日、入荷情報がメール配信され、翌日の入荷量や価格がサイトに表示されます。それ故、店舗の予約状況等に応じて仕入れ分を決められるのも大きなメリットです。また、仕入れサービスを利用する際は、顧客対応の良い業者を選ぶことが大事です。商品の特性上、当日の水揚げ状況によっては、品種やサイズが希望に沿わない場合があるからです。対応力が高ければ、バイヤーが出荷前に確認して手配するので、代替品の手配も迅速になります。そうしたWeb通販は、ネットでも高い評価を得ているわけです。

実績のあるWeb通販の殆どは、直接仕入れと築地市場の両方により、獲れた魚の品質を担保しています。特に産直の場合は、海域や水揚げからの時間、そして下地処理の方法などによって、鮮度が大きく異なってきます。それ故、新たな産地から仕入れる際には、先ず、標本を差し入れてもらって、目利きのプロが判断しているわけです。一方、築地市場の場合は、バイヤーが毎朝市場を訪れており、仲卸などと情報を共有しながら、商品の確認を行なっています。Web通販のバイヤーの多くは元市場関係者であったり、大手鮮魚スーパーの買付スタッフ、そして漁業関係者となっています。それ故、ウグイやあわびを通販で仕入れるには、実績のあるWebサイトを利用するのが安心です。