魚介類で栄養バランスが取れる食生活を

   

仕入れ人にとっては、昨今の若者の魚離れと言われるのは寂しいものですが、栄養があって本当に美味しい魚介類を食べてもらったら、もっと魚を食べてもらえるのではないかという自負があります。それだけに仕入れには万全を期しています。貝と言えばアワビもさざえも人気が高く、比較的高価なアワビよりも独特の風味が豊かなさざえを好きな人も多いものです。それでは美味しいさざえを通販で仕入れるにはどうしたらいいでしょうか。さざえの収穫は、海女さんが海の中で拾って来たり、モリで突いて獲ったり、豪快なイメージがあります。ところが味は実に繊細です。大ぶりなさざえだけが美味しいというわけではなく、小さなさざえ、いわゆる姫さざえと言ってツノがあまりないものも身が引き締まって、酒と醤油で焼く、壷焼き、バター焼きにするなど、食べ方は色々で楽しめます。きちんと冷蔵してあるものはそのまま刺身でも食べられて、コリコリとした食感が舌を楽しませてくれます。

貝類の焼き物にはニンニクも合います。最近ではイタリアンのお店でハーブたっぷりで食べる食べ方もあります。本当に多くの食べ方があり、産地も色々ですが、長崎産も有名です。養殖の資源なので、11月と12月は禁漁ですが、それ以外でしたら一年中獲れます。波に揉まれれば揉まれるほど、さざえはツノが鋭くなります。また、そういったさざえの姿を見てまた美味しさに対する期待が高まります。長崎は五島列島の綺麗な海で育ったさざえは見事です。小粒もおいしく、大粒は豪快に焼き物にして、刺身でスライスして食べられます。こういった天然物のさざえがどうしてこんなに美味しいかというと、たっぷりとミネラルが含まれている海藻を食べて育ったからです。天然の貝ですので、きちんと砂抜きをしないと食べられません。長崎産であれば、近隣の福岡で加工されたものがよく仕入れられています。

さて、こんなさざえの栄養ですが、本来なら人間が食べても美味しい海藻を存分に食べているわけですから、ビタミン、ミネラルと海の幸の成分がたっぷりと含まれています。貝類の中でもタンパク質が豊富に含まれており、疲労を回復させる成分のタウリンもたっぷりと入っています。タウリンは高血圧予防、高コレステロール予防にも役立ちますので、お酒のつまみには絶好で、健康を保つ成分が体に染み渡ります。アルギニンという成分も含まれていて、免疫力を高めるという効果もあります。さざえは美味しいだけでなく、健康的な食品です。「業務用さざえの仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ」などで、自信を持って仕入れ、販売するため目利きになることは、最終消費者の喜びに繋がります。